2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 花みずき工房の家②:至福の晩酌 | トップページ | カブクワ飼育:作戦タイム。。。 »

2009年3月30日 (月)

やんやんコーチより

Photo土、日とこの大会に参加しました。
この大会、実は第一回大会に私、選手として参加しているんです。(第3位!!)そして、時は流れ、今は指導者として参加。とても不思議な気がします。。。

1年生としての最後の試合、そして私達コーチにとっても、最後の直接指導となりました。
試合前、「1年生は、みんなが楽しくサッカーをすることができ、サッカーが大好きで、元気な声を出し、全員でボールを追いかけることができる。それがみんなのいいところで、コーチはそんなみんなのサッカーを見ることが大好きです。今日も明日も、そんなみんなのサッカーを見せてください。2日間たくさん楽しみましょう!!」と子供達に伝えました。

結果は、一日目:○5-0、●1-8(予選リーグ敗退)、二日目:○2-1、△2-2(フレンドリーマッチ)でしたが、今回もみんな本当にがんばったと思います。
一日目、相手は2年でしたが、ひるまず、何度も何度もボールにトライしていました。点を取られても、取られても、前へ前へあきらめずに必死にボールを追いかけていました。そして、そんなひたむきな姿勢が、1点を生みました。
結局、この対戦相手がベスト4ということだったので、2年生中心の大会では、健闘したと思います。
1年生のうちは、団子サッカーなんですが、2年生になるとポジションをとり、パスをまわしてきます。
勝敗にこだわるのなら、同じように対応をすればいいんですが、あくまでも一人一人の子供達が中心なので。

ちなみに、我が団のAチーム(2年生)が見事に優勝をはたしました!!

最後の試合という事で、多少の寂しさはありましたが、まぁ二日間、とにかく楽しもうと思っていました。
が、試合が進むにつれ、子供達の必死さ、親達の必死の声援が心に響き、不覚にも涙を流しそうなくらい感傷に浸ってしまいました。
特に、最後の試合、1年生最後の試合だからなのか、我々コーチとの最後の試合だからなのか、みんな本当にがんばってくれました。
後半、1点を勝ち越され、それからがみんな必死でした。
親の声援も熱く、心に響きました。そして、子供達、なんとしても点をとりたいって感じで、一生懸命相手のボールを奪い、そしてラインをわりそうなボールもあきらめずに追いかけ、本当に真剣な眼差しでボールを夢中に追いかけていました。
みんなで声を出し合い、本当に楽しそうでした。
そう、それこそが1年生のサッカーなんです。子供達を中心に、ベンチ、親の声援、全てが一体となってサッカーを楽しむ。
最後まで、子供達変わらぬパフォーマンスを見せてくれました。
この1年を思い出しました。子供が必死で追いかける顔、その一人一人の顔に思い出が詰まっています。
そして、試合終了間際、あきらめずにボールを追い続け、届かないボールにスライディングまでして・・・そんな姿勢が
同点ゴールを生みました。うれしかったです。まるで、私達の為に取ってくれたよう気がしました。
最後に、最高のゴール!!ありがとう。そして、最後に見せてくれたきみ達のサッカー、大切にしてください。
きっと、すばらしいチームに成長していくと思います。コーチ、今度は親として、みんなの応援に行くからね。

最後に、子供達から、お礼の挨拶がありました。
”1年間、ありがとうございました”。。。私、こういうの苦手なんですよね。。。泣きそうです。
やばっって思って、子供達からちょっと目をそらすと・・・
後ろに、もっと泣きそうな親達の顔。。。やばい。。。やはり、みなさんも同じような寂しさを感じていてくれたのかなって思いました。1年間やって来たこと、間違っていなかたんだなぁって思えました。

みんな、本当にありがとう。

Photo_2 Photo_3

こんな曲が、浮かびます。。。
http://www.youtube.com/watch?v=4LWk7XxY8NY
【3月9日】

流れる季節の真ん中で ふと日の長さを感じます せわしく過ぎる日々の中に 私とあなたで夢を描く

3月の風に想いをのせて 桜のつぼみは春へとつづきます

溢れ出す光の粒が 少しずつ朝を暖めます 大きなあくびをした後に 少し照れてるあなたの横で

新たな世界の入口に立ち 気づいたことは 1人じゃないってこと

瞳を閉じれば あなたが まぶたのうらに いることで どれほど強くなれたでしょう あなたにとって私も そうでありたい

砂ぼこり運ぶ つむじ風 洗濯物に絡まりますが 昼前の空の白い月は なんだかきれいで 見とれました

上手くはいかぬこともあるけれど 天を仰げば それさえ小さくて

青い空は凛と澄んで 羊雲は静かに揺れる 花咲くを待つ喜びを 分かち合えるのであれば それは幸せ

この先も 隣で そっと微笑んで

瞳を閉じれば あなたが まぶたのうらに いることで どれほど強くなれたでしょう あなたにとって私も そうでありたい

3月ですね。

« 花みずき工房の家②:至福の晩酌 | トップページ | カブクワ飼育:作戦タイム。。。 »

サッカー・コーチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185931/44513498

この記事へのトラックバック一覧です: やんやんコーチより:

« 花みずき工房の家②:至福の晩酌 | トップページ | カブクワ飼育:作戦タイム。。。 »

フォト

更新情報♪