2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年11月

2013年11月26日 (火)

応援、ありがとうございましたm(__)m

本当にたくさんの方に支えられてきた、私、MINAMIと、本ブログ、今を生きる。

突然のことではありますが、しばらくお休みとさせていただくことを決心致しましたので、ここにご報告致します。


最近は、ずっとそのことについて考え、自分の中でも本当に葛藤の繰り返しでした。

でも、前に進むためにも、やはり自分らしくきちんとケジメをつけようと思います。


流されるままではなく、自分の意志で歩んでいたい。


それが、私、MINAMIの生き方なんです。



MINAMIのスタートは、二人の息子とのカブクワ採集でした。

でも、いつしか子ども達の興味も
釣りへと変わり、私達の親子でのカブクワ採集は終わりを告げることとなりました。
次男のカブクワ採集卒業を持って、私もカブクワ採集へ行くことは無くなりました。

大人採集はしない。
それが、二人の息子を持つ私のポリシー、私達親子の決まり事でした。


そして、その採集個体の飼育から始まった我が家の親子での飼育。

今、いよいよ、それも終わりを告げようとしています。

学年が上がる毎に、少しずつカブクワ飼育への興味を失いつつあった次男も、今や6年生となり、ここに来て、ついにカブクワから卒業していきました。


親子での楽しい飼育。
それも私のポリシー、私達親子の決まり事でした。


でも、残念なことに、それも失うこととなりました。

同時にそれは、喜ばしいことに、子ども達の成長も意味しているんですよね。
多くの皆さんが通る道、通って来た道だとは思います。
息子の為に始めて、自分が続ける。

趣味として、あるべき姿だと思います。


でも、私は不器用なんですよね。

大義名分を失った今、自分一人だけで、ただ闇雲にそのまま続けていくことが出来ないんですよね。

私のカブクワ飼育は、親子共にカブクワが好きだから飼育している。

そんな単純な趣味であり続けました。

いわゆる万年素人。

ブームやギネス、そしてその商業的価値には、何の興味もありませんでした。


ずいぶんと遠回りをしてきた気がします。


私が大好きなミヤマクワガタとの初めての出会い、それは、小学6年生、林間学校での出来事でした。


森の中を駆け回る私のその足元に、ふとした瞬間、輝いていた
ミヤマクワガタ。
それは、まさしく必然でもあり、運命の出会いでした。

そして、時を同じくしてやって来た、もう一つの出会い。

書店に並ぶ本の表紙に、これまた必然のように輝いていたオウゴンオニクワガタ。

少年だった私の心に、その二つの出会いは、確実に何かを刻み、そして残してくれました。


時は流れ、大人になった私は、
様々な種類のカブクワと出会い、そして、たくさんの人と出会い、ブログを開設し、そこには、ブームとも呼ばれる宴が、確かに存在していました。

気がつけば、いつしかその波にのまれ、そして気がついた時には、その波はいずこかへと静かに消え去っていました。


取り残された者!?に残るのは、焦燥感か、はたまた孤独感か。

それとも、達成感なのか。
その答えも見つからないまま、いくつもの世代の狭間を、たださまよっているだけだったのかもしれません。

でも、たくさんの想い、たくさんの子達を抱えて、初めて気がついたことがあります。


それは、極めること。


そして、楽しむこと。


あのとき、私の心に刻まれた想い。
今は、それを大切にしてもいいのかもしれない。
そんな風に思える気持ちと、大義名分を失った気持ちの狭間で、葛藤を繰り返しています。

遠回りした分、たくさんの糧を得ることが出来ました。

私にとっては、今はその全てが財産です。

新しく築くその道しるべ


”今を生きる”

心の中での葛藤にケジメがついた時には、
その第二章を、静かに刻んでいこうと思っています。

今まで支えてくれた全ての皆さんに。。。

たくさんの応援、本当にありがとうございました。

皆さんに出会えたこと、皆さんのお気持ち、その全てが、私にとっては宝物です。
全ての皆さんに、心から感謝致します。

いつの日か。。。

またお会い出来る日を、楽しみにしています。

すぐに出てくるかもしれませんけど。。。(爆


とりあえず、充電します(^^ゞ

2013/11/26   今を生きる。。。MINAMIでしたm(__)m

« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »

フォト

更新情報♪